ドッグフードの評価一覧はこちら
4.ドッグフード与え方

ドッグフードの値段の相場!高い・安い商品の違いや適性価格とは?

ドッグフードは
1kgあたり2000円以上のもの
を選んだ方が良いって知ってますか?

1kg2000円より安いと、
コスト的に犬の健康に良いドッグフード
を作るのが難しいんです。

もしそれより安いドッグフードを
食べ続けると、

  • ドッグフードを食べなくなる
  • 体調が悪く、元気がなくなる
  • さまざまな病気の原因となる

など、結果的に食費の何倍もの
医療費がかかる可能性があります。

安いドッグフードを食べさせて高額な
医療費を払っては、お財布にも愛犬の
健康にも良くありません。

今回は犬の管理栄養士であり、
実際に70種類以上のドッグフードを
見てきた私、小林宏幸が、

なぜ2000円以上のドッグフード
が良いのかを解説していきます。






\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^

一般的なドッグフードの価格相場はどれくらい?

ドッグフードの平均価格は
1kgあたり1000~1500円
程度だと思われます。

実際に飼い主さんが買っている
ドッグフードは多くの場合、
1kgあたり1000円前後
ではないでしょうか。

1kgあたり1500円に近づくと
「高い」というイメージがある方が
多いと思います。

ある調査結果によると、
月々の犬の食費の平均は
5000円前後だそうです。

ドッグフード1つの容量というのは
100gくらいの小分けになっている
ものもあれば、

5kgや10kg単位のお徳用
みたいなものもあります。

大容量になればコスト
(人件費や袋の材料費)も下がり、
価格も当然安くなります。

お徳用パックになれば1kgあたり
の値段もガクンと下がるわけです。






値段が安いドッグフードと高いドッグフードの違いを比較

ドッグフードの値段が高いか安いかを
決めるのは主に以下の項目になります。

  • 材料費
  • 宣伝費
  • 作るコスト(人件費など)
  • メーカーの利益

ドッグフードの値段は主に
この4つで構成されています。

●材料費

高いドッグフードには最低限
我々がスーパーで買うような
レベルの肉や魚など、

コストはかかるが犬に必要な食材
がたくさん使われます。

逆に安いものには、犬に多くは
必要のない小麦やとうもろこし、
米、大豆などが多く使われたり、

人が食べないような品質の悪い
肉や魚が使われています。

1kg1000円以下のドッグフード
には、品質の悪い肉や魚を乾燥させた
粉末が使われていることが多く、

この粉には人の食べないような
部位や鮮度が悪くなった肉や魚
が使われている可能性があります。

なぜ乾燥させるのかわかりますか?

乾燥タイプのカリカリのドライフード
を作るには、一度普通の原材料を
混ぜ合わせたあと、温風などで乾燥
させて水分を飛ばしカリカリにします。

元々水分を含まない乾燥させたもの
を原材料に使うことで、カリカリの
ドライフードを作りやすくしています。

水分の多いものは
ドライフードにしづらいわけです。

このため鶏や豚、牛、ラムなどの
粉末・パウダー(ミール)や

小麦粉、米、大豆などの、
材料費が安くて水分を多く含まない
原材料が使われるわけです。

米を炊くときに水が多いとおかゆ
のようになり、水が少ないと硬く
なってしまうのと同じです。

ドライフードを作るのに
水分は天敵なわけです。

またドッグフードは、
100gあたりや1kgあたりと
重さを基準に価格を検討される
ことが多いため、

水分が多いものが原材料に入っていると
カリカリにする工程で大量の水分が
なくなるため、重さあたりの価格が
ものすごくあがってしまうわけです。

例えば1kgあたり500円のものを
ドライフードにするとして
水分量が全体の70%あるとすると、

ドライフードの水分量は10%程度
なので、60%の水分がなくなる
ことになります。

計算式としては

500円÷0.4=1250円

となり、1kgあたり500円だった
原材料で1kgあたり1250円の
カリカリフードになってしまうのです。

信じられますか?

カリカリにするメリットなんて
飼い主さんが楽ということ以外にない
のに、

その飼い主さんの利便性を求めるため
だけに500円のものが1250円に
なっているんです。

犬の健康を考えたら手作りご飯の方が
食費も安いし、愛犬の体にも良い理由
がここにあります。

スーパーで
1kg500円でお肉が買えますか?

でも1kg1250円でドッグフードが
売ってますよね。

どんなお肉を使っているんでしょうか…

業者がどんなに安いお肉を
仕入れたところで
1kg200円が限界でしょう。

先ほどの計算式で言うと

200円÷0.4=500円

材料費で1kg500円かかるとして、
メーカーがペットショップやスーパーに
ドッグフードを卸す際は40%の利益を
上乗せして販売します。

メーカーの利益を少なく10%で
見積もったとしても、

40%+10%で全部で50%の利益が
必要です。

500円に50%の利益ですから
1kgあたり1000円になります。

ここからさらに袋の材料費や人件費、
宣伝費を上乗せしなければいけません。

1kg1000円未満、いや
1kg1500円未満のドッグフードが
いかにまともな原材料を使ってないか
わかりますよね?

宣伝費

どんなに良いドッグフードでも
宣伝をしなければ売れません。

メーカーは利益を得るために
ドッグフードを売るので、
宣伝費をドッグフードの代金に
含めるのは当然のことです。

私も自分でドッグフードを作って
いますが、宣伝費用をドッグフード
の売り上げから捻出しなければ
会社が潰れてしまいます。

ただ、大きな会社やドッグフード以外
の事業をやっていて儲けている会社は
広告宣伝費にたくさんお金を使えますが、

私のような
零細企業が作るドッグフードは
地道にSNSなどで拡散するくらい
の費用しか捻出できません。

大きな会社は大量にドッグフードを
作る分だけコストを下げられますが、

小さい会社は少ない量しか作れません
ので、割高になってしまいます。

もし安いドッグフードが良いのであれば
大きな会社のフード方が割安に買える
かもしれません。

また、これは重要なポイントですが、
「関わっている人や会社、機関が
多ければ多いほどドッグフードに
含まれる宣伝費は高い」ということです。

たしかに無償で協力してくれる人もいる
でしょうが、皆さんビジネスとして
ドッグフードの販売をしてますから、

獣医さんのおすすめや大学教授の監修、
研究所の調査など、
関わっている人たちにはそれ相当の
報酬を払わなければいけません。

ユーチューバーやインスタグラマーに
自分の商品を宣伝してもらおうと
思ったらお金を払わなければいけない
のは当然ですよね。

それが
ユーチューバーやインスタグラマーの
お仕事でそのお金が生活費なのですから。

以上のことをまとめると

  • いろんなところで宣伝を目にする
  • 協力者や協力機関が多い

この2つを満たしていれば宣伝費が
多くかけられ、中身の伴っていない
ドッグフードの可能性が高い
ということです。

●作るコスト(人件費など)

大きな会社は大きな機械を持っていて
1度に大量のドッグフードを作れるので
人件費が少なく抑えられます。

また一度に大量に材料も仕入れること
ができるので、材料費も安くなります。

小さな会社はその逆で少ない量しか
作れない分人件費も材料費も割高に
なってしまいます。

また、原材料の産地を限定していたり、
手作りのドッグフードを作っていたり
している場合も割高になります。

先ほどもお話しましたが
10kg入る袋にドッグフードを詰める
のと、100gの袋に100回詰めて
10kg分作るのでは、
かかる人件費が全然違いますよね。

お徳用が安い理由は
このように人件費の違いになります。

●メーカーの利益

先ほども触れましたが、
メーカーがお店などに代わりに
フードを販売してもらう場合、

メーカーに販売価格の40%の利益を
提供しなければいけません。

平均40%の利益がないとお店側も
経営が成り立たないわけです。

なのでドッグフードを作るのにかけた
コスト、つまり大まかに言うと

原材料費+宣伝費+人件費

これに最低40%の利益を
のせないといけないわけです。

ただ、
これではメーカーに利益が残りませんので
メーカー側もどんなに少なくても10%は
利益を欲しいですよね。

こうして、作るのに1kg1000円
かかったドッグフードが2000円
くらいで販売されるというわけです。

お客さんの立場から言うと

「1kg1000円のものなんでしょ!」

って思うかもしれませんが、
1kg2000円にしないとそもそも
販売すらできずに会社がつぶれてしまい
ますので、それは仕方ないことなんです。

注意したいのは、今は最低ラインの利益
で話をしましたが、本当はもっともっと
利益がないと成り立たない場合だって
ありますし、多く利益を計算している
企業もあります。

ただ、こんなこと実際には企業側しか
わかりませんので気にする必要はない
ですが、

ここまでのお話を知っておくだけでも、
例えば1kg1000円で売られている
ドッグフードがあったとしたら、
いかに材料費が安いかがわかりますよね。

材料費が安いということは
犬に良い材料はあまり使えないんです。






ホームセンターや業務用の激安ドッグフードはなぜ安い?

さて、今までの話である程度は
理解できたと思いますが、

ホームセンターや業務用など
やたらと安いドッグフードがある理由は

  • 材料費が安い
  • 人件費が安い
  • 大きな会社が大量製造によるコストダウンをしている

の3つが理由かと思います。

材料費が安いのは、

  1. 犬に必要のない穀物(小麦、とうもろこし、大豆、米)
    を使うことで材料費も安いし、水分量も少ないので
    かさ増しできる。
  2. 肉や魚も粉末状のミールや肉骨粉などを
    使用することで、安くできる。

の2つを満たせば安いドッグフードが
できます。

人件費が安いというのは日本ではなく、
低賃金の外国などで製造し、
大型の機械などで作れば安く作れます。

3つ目の大量製造によるコストダウンは、
大きな会社は資金力もあり、
原材料も1度に大量に仕入れられるため、
業者にもメリットがあるので、
価格が安く抑えられます。

このようにしてフードを安く製造
することが可能になります。

ちなみに、ドッグフード事業以外に
人間の食品を扱っている会社などが
作っているフード

人の食品から出た廃棄物などをフード
に混ぜたりもできるので、そのような
場合も安くできますね。

ちなみに3点お伝えしましたが、
結局材料費が1番かかるので、
激安ドッグフードには質の悪い
原材料しか使われていません。

日本は資本主義社会なので、
会社が利益を追求するのは
仕方のないことです。

自分の愛犬は自分しか守れませんよ!






通販でよく見る「訳あり・激安」にはどんな事情がある?

ドッグフードの激安・訳あり商品
の理由には

  • 賞味期限が近い
  • 製造過程で不備があった
  • 販売終了のため在庫処分

の3つがメインとなるでしょう。

人の食品と同じで賞味期限が近くなれば
売れないよりは安く売った方が良いので
値下げして出すわけです。

製造過程の不備というのは、例えば
犬が食べる上では全く問題はないが、
通常の製品とは若干違うように
できてしまった場合などです。

例えば、ドッグフードの形が
ふぞろいになってしまったなど。

在庫処分に関してはわかりますよね。
今ある分で最後!という感じです。

商品をリニューアルして新しい原材料
になる場合などは、在庫処分セールを
したりする場合もありますね。

お買い得なときもあるのは事実です。






日本と海外メーカーの値段・品質の違いとは?

日本と海外という大きな範囲の中で
値段と品質の違いは言えません。

よく言われる海外のドッグフード
の方が良いというのは
あながち間違いではありません。

なぜなら日本のペットの法律は
甘すぎるところがあるので、
危険なドッグフードでも法的には
問題がないからです。

そしてアメリカやヨーロッパで流行
しているドッグフードが、5年ほど
遅れて日本にくるという話もあるので、

海外の方がより良いペットフードを
早めに取り入れているということも
あります。

グレインフリーなどが今日本で
流行っていますが、

5年前くらいにアメリカやヨーロッパで
グレインフリーは既に流行っていました。

ただ、日本は悪くて海外だから良い
というのは非常に乱暴な話です。

そのようなことを言う人がいたら
信用しない方が良いです。

日本のプレミアムドッグフードでも
良いのは出てきていますし、
海外フードでも悪いものは悪いです。

そのような意味ではドッグフードを
選ぶうえで日本か海外かは
気にしなくていいです。






安いドッグフードを食べさせるリスクとは

安いドッグフードを食べさせると、

  • さまざまな病気のリスク
  • 体調不良や元気がなくなる
  • ドッグフードを食べなくなる
  • 毛並み毛艶がガサガサになり、脂ぎった感じになる
  • 便が臭い
  • 歯がボロボロになる
  • アレルギーを発症する

などさまざまなリスクがあります。

比較的若いうちは何を食べても元気
ですが、8~10歳を越えてから
一気にくることがありますので、
要注意です。

高い、安いなどは具体性がないので、
安いドッグフードを1kg1000円未満
のドッグフードとすると、

そのようなフードの原材料は、

  • ミールや肉骨粉など鮮度の悪い肉の粉末、パウダーを使用
  • 穀物(小麦、米、大豆、とうもろこし)などが主体

のどちらかなので消化に悪いですし、
栄養価も低い原材料なわけです。






安いドッグフードでも長生きできることはある?

食べ物が人の健康に影響を及ぼすのは
20%程度といわれており、

生活環境や運動、ストレスなど
長生きにはさまざまな条件があります。

実際食事の20%って
かなり大きいのですが。

犬も同じで安いドッグフードでも
20歳まで生きることもあれば

良いご飯を食べても10歳で
死んでしまうこともあるでしょう。

ただ大事なのは、
食事というのは長生きの条件の中で
飼い主さんが自分で変えることが
できるものだということです。

生活環境や持って生まれた体質などは
なかなか変えられません。

食べ物というのは明日からでも
すぐに変えられるものです。

長生きと同じくらい大事なのが、
老犬になっても元気かどうかです。

20歳まで生きたとしても、
最後は立てなくなり、
ご飯も食べなくなるなどの状況だったら
本当に可愛そうですよね。

食事で健康寿命も伸ばせる可能性もある
ので、極力安いドッグフードは避けたい
ものです。






ドッグフードは高ければ高いほど質がいいの?

ドッグフードは高いほど良いです!!

ほとんどのサイトでは
高ければ良いというわけではない
ということが書かれてますので、
この際はっきり言っておきます。

今までのお話を聞けばわかる通り、
1kg1000円や2000円で、
私たち人が健康的に過ごせるような
まともな原材料を大量に使える訳が
ないんです。

ドッグフード市場の相場が
あまりにおかしく崩壊してます。

多くの人が1kg1000円台で
良いドッグフードもあります
という話をしていますが、

1kg2000円台の方が
もっともっと良いものです。

1kg1000円台で
新鮮な肉や魚をたくさん使って、
カリカリにしてメーカーの利益を
出せるようには絶対にできません。

たしかに理想を求めれば
キリがありませんし、例外の
ドッグフードなどもあります。

しかし、
飼い主さんがドッグフードを選ぶ際には
基本的にお店のドッグフードの価格自体
がおかしく、高ければ良いと思っている
くらいが丁度良いんです。






ドッグフードを値段で見極める!適性価格のチェック方法とは

私が勧めるドッグフードの適正価格は
1kgあたり税込み2000円以上
なります。

最低1kg2000円はしないと
まともなドッグフードは作れません。

欲を言えばドライフードで
1kgあたり3000円以上のもの
選びたいですね。

企業努力もあるでしょうが、薄利で
頑張っているメーカーは少ないですし、
すぐにやめてしまうこともあります。

5kgや10kg、そして定期コース
などで割引や割安になることがあるので、
見極める方法としては1kg前後の袋の
ときの税込み価格で判断しましょう。

例えば960gや1020gの袋で
税込み3000円以上するかどうかです。

大切な家族を健康に育てたいと思ったら
手作りご飯をしない限り、1か月の食費
は5000円なんかじゃおさまりません。

毎日のドッグフードにお金をかけるか、
病気になってから動物病院に何万もかけて
体調の悪いわんちゃんにしてしまうのか、

わんちゃんを愛する飼い主さんなら
どちらが正しいかはわかるはずです。






高すぎるのはあやしい?高額フードの値段の内訳とは

私が70種類以上のドッグフードを
見てきて高額のドッグフードの理由は

  • 原材料が良いものを使っている
  • フリーズドライなど特別な加工をしている
  • 多くの人が関わっている、たくさん宣伝している

の3つがメインになります。

1つ目は例えば国産というだけでなく、
「〇〇県産」や有機栽培の原材料や
生産者の顔が明確になっていたりと、
こだわりの原材料が使われている場合です。

2つ目はただのドライフードではなく、
フリーズドライやエアドライ製法を
使っている場合です。

通常のドッグフードは温風などで乾燥
させ、低温製造といっていてももはや
普通の作り方となっております。

しかし、
フリーズドライやエアドライ製法は
温度が50℃くらいまでしか上がらない
ため、熱に弱いビタミンや酵素を極力
残した製造方法がとられております。

(酵素は50℃では
失活してしまいますが・・)

このような製造方法は時間とコスト
がかなりかかるため、1kg1万円
を越えたりする場合もあります。

最後は宣伝や協力機関が多い
ということです。

当たり前ですが、CMなど大々的な
宣伝は多大な費用がかかります。

さらには獣医さん、大学教授、
ドッグフード資格保有者、研究機関、
人気YouTuber、人気インスタグラマー
など、

有名だったり人気の人たちが関われば
関わるほど、費用がかかります。

このようなことが原因で価格が
上がっている場合は、

価格の割には質が悪い場合もあります
ので、注意が必要です。

1つ目と2つ目は価格と質が伴うこと
ではあるので問題ありませんが、

無駄に多くの人が関わったり、
どこでも見かけるような宣伝をしている
フードは、原材料と価格を比較してみる
と良いかもしれません。






値段が安くて質が良い!コスパ最強ドッグフードの選び方

コスパの良いドッグフードの選び方
で3つのポイントをお伝えします。

先ほども書きましたが、
ドッグフードは基本的に
高ければ良いと思って結構です。

ただ、その中でも
どのような基準で選べば値段以上に
わんちゃんが健康になったり、
費用面でも抑えられるかをお話します。

1kg2000円以上

1kg2000円以上と聞くと
コスパの話なのにいきなり高い!
と思われるかもしれませんが、

2000円以上のドッグフードを
食べさせれば、
原材料的にも2000円未満のもの
よりは安心できますし、
動物病院代がかなり浮きます。

ドッグフードだけのコスパにこだわらず、
わんちゃんにかかる費用が総額で
安くなれば良いのですから

健康にかなり重要な割合を占めるご飯
にお金をかけてあげた方が結果として
安上がりになります。






肉や魚の原材料名が1~3番目にあり、タンパク質量が35%以上

例えばの話、犬に1種類の食材
しか食べさせられないとして
1番長生きするのは肉か魚です。

そのくらい犬にとって
肉と魚が重要な食材なのです。

肉や魚のメインの栄養素は
タンパク質になりますから、

原材料の1~3番目に肉や魚がきている、
つまり肉や魚をメインに使用しており、
タンパク質量も35%以上含まれている
ものが理想的になります。

本当は40%以上欲しいのですが、
そのようなフード自体ほとんど
ありません。

素人目線でわからない原材料・添加物が少ない

全く勉強したことのない飼い主さんが
裏の原材料を見て全て見たことのある・
知っている原材料であれば、
大まかに安心だと思ってください。

訳の分からない原材料や添加物が大量
に並んでいたりしたら注意が必要です。

本当は全て調べるのが理想的なのですが、
現実問題飼い主さんが簡単にわかりやすく
判断するとしたら、

自分の知っている原材料が
多く使われているというのが、
わかりやすい基準になります。






まとめ

さて今回のまとめです。

ドッグフードの値段の相場まとめ

  • 平均価格でなく正しい価格を知るのが大事
  • 相場は1kgあたり1000~1500円
  • 価格構成は材料+人件費+宣伝費+利益
  • 激安ドッグフードは質が悪いので
    おすすめできない
  • ワケアリ商品はお得に買えることもある
  • ドッグフード選びで日本製か海外製かは
    気にしない
  • 安いドッグフードで長生きする場合もあるが
    リスクが高い
  • ドッグフードは基本的に高ければ高いほど良い!
  • ドッグフードは最低1kgあたり2000円以上、
    欲を言えば3000円以上のものがおすすめ
  • 高すぎるドッグフードは質が良いか、
    宣伝にお金をかけてるかのどちらか!
  • コスパの良いドッグフードは
    ①1kg2000円以上
    ②肉や魚がメインに使われている
    ③飼い主さんがわからない材料が少ない

というような感じになります。

安くても良いドッグフードがある
というのは基本的に綺麗ごとだと
思ってください。

1kg1000円前後のドッグフード
を作るのに、まともな原材料を使える
わけがないですし、

人間で言えばカロリーメイトのような
加工品です。

カロリーメイトは裏に立派な栄養素が
書いてあり、1日の半分のビタミンを
摂れますというような事も
書いてますよね。

あなたは残りの人生毎日カロリーメイト
を食べて健康に過ごしていけますか?

自分はできないのに大切なわんちゃん
にはしているということです。

カロリーメイトが悪いとは
言っていませんが、

あくまで栄養「補助」食品
ということです。

どうしても時間がないときに
食べましょうというくらいですね。

愛犬が毎日食べる同じドッグフードは
せめて高いフードをあげたいですね。






\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^
ABOUT ME
小林宏幸
小林宏幸
犬の管理栄養士

ブログランキング・にほんブログ村へ
▲応援よろしくお願いいたします♫▲